全国訪問教育研究会
訪問教育とは
 「訪問教育」は、障害が重かったり病気などで、毎日学校に登校して勉強することのできない子どもたちの所に、教員が出かけていって授業を行うものです。子どもの住んでいる家や病院、施設が校舎であり、その住んでいる町そのものが校庭のようなものです。そして、それぞれの健康に合わせて、登校して学校の仲間たちと一緒に勉強する時もあります(スクーリング)。
 日本で訪問教育が始められたのは、1960年代も終わりのころです。それは、「就学猶予・免除の子どもとたちをなくそう」という運動が、全国的にすすめられたことによります。
 当初、訪問教育は、各地方自治体で様々に取り組まれていました。これが、国として行われるようになったのは養護学校義務制がスタートした1979年4月のことです。
 文部省の「訪問教育の概要」(試案)が、実質上の基準となり、現在に至っています。当初、指導回数・時間は週2回で1回あたり2時間の訪問教育も、1991年の教員定数法の改定で訪問教育も児童・生徒3人で1学級となり、地域によっては、訪問回数の改善が図られています。
 そして、関係者の念願であった高等部教育も試行的実施とはいえ、1998年4月から全国的に実施されています。

全国訪問教育研究会とは
 全国訪問教育研究会は1988年に全国の訪問教育に携わる教師や研究者などを中心に結成された研究団体です。
 訪問教育の実践、そのあり方について、継続的、科学的に研究を組織し、全国における訪問教育の質的向上を図るための諸活動を行っています。
 これまで行われてきた主な活動としては、
  1)訪問教育の全国的調査(1989年5月実施、1993年5月実施、1997年5月実施)
 2)年一回の全国大会の開催
 3)隔月の会報(全訪研ニュース「こんにちは」)発行
 4)研究集録の発行
 などがあります.

 1999年1月現在、会員数452名(訪問学級担任をはじめ、保護者、施設の職員や大学の研究者など訪問教育に関心のある方たちも多数入会しています。)

全国訪問教育研究会の研究と課題
 1)各地のすぐれた訪問教育の実残、教材などの紹介
 2)訪問教育がかかえている教育条件等をめぐる情報の交換と交流
 3)最重度、重症の子どもたちへの教育内容、方法等の研究
 4)慢性病児、難病患児への訪問教育の実技およびそのあり方についての研究
 5)福祉施設、医療施設での訪問教育の実践およびそのあり方についての研究
 6)訪問教育の後期中等教育の実践及びそのあり方についての研究
 7)医療その他の機関との連携

1.全国訪問教育研究会規約
2.全国訪問教育研究会のあゆみ
3.機関誌「こんにちは」の目次録
4.研究会発行の本
5.全国訪問教育親の会について
6.全国訪問教育親の会のメーリングリストについて  
7.訪問教育の充実と拡大のために(2016年4月20日提言発表)

■全国訪問教育研究会全国大会について■ 
第12回全国大会(鹿児島)について1999年7月27日〜29日
第13回全国大会(大阪)について  2000年7月31日〜8月2日
第14回全国大会(神奈川)について2001年8月1日〜3日
第15回全国大会(岩手)について 2002年7月31日〜8月2日
第16回全国大会(高知)について 2003年8月5日〜8月7日
第17回全国大会(岡山)について 2004年8月2日〜4日
第18回全国大会(三重)について 2005年8月2日〜4日
第19回全国大会(新潟)について 2006年8月1日〜3日
第20回全国大会(兵庫)プレ集会 2006年12月16日
第20回全国大会(兵庫)について 2007年7月30日〜8月1日
第21回全国大会(東京)について 2008年8月5日〜7日
第22回全国大会(京都)について 2009年8月4日〜6日
第23回全国大会(千葉)について 2010年8月3日〜5日
第24回全国大会(埼玉)について 2011年8月3日〜5日
第25回全国大会(愛知)について 2012年8月7日〜9日
第26回全国大会(滋賀)について 2013年8月5日〜7日
第27回全国大会(南九州大会)について 2014年8月4日〜6日
第28回全国大会について(京都市内) 2015年7月29日〜31日
第29回全国大会(宮城)について 2016年8月1日〜3日
第30回全国大会(関東)について 2017年8月8日〜10日
 
   
          前のページへ