第2回養護教諭(特別支援学校)キャリアアップ研修会

 本年は、特別支援教育元年と言われています。このような状況の中で、養護教諭にはこれまでの実践・経験・知識・技能を生かした新たな課題への対応力が求められています。そのため、専門性を高め、キャリアアップを図る機会として、下記の研修会を企画しました。ご参加のほど、ご案内申し上げます。地図:国立オリンピック記念青少年総合センター


1 日 時  平成19年8月23日(木)〜24日(金)

2 会 場  国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟101
  電話03-3467-7201
  最寄駅 小田急線参宮橋駅下車徒歩7分
       東京メトロ代々木公園4番出口 徒歩10分

3 主 催  地域ケアさぽーと研究所

4 後 援  全国特別支援学校長会

5 参加費  資料代等 2000円(当日会場でお支払いください。)

6 定 員  160名  対象は特別支援学校(盲・聾・養護学校)の養護教諭等

7 内 容
■8月23日(木) センター棟 101
10:00〜10:30 提言 「一人一人の特別なニーズへの支援のために」
                        地域ケアさぽーと研究所代表    飯野 順子
10:30〜11:45 講義 健康診断の実際@ 「健康診断実施上の留意点とその実際」
             大阪府立藤井寺養護学校養護教諭  北川 末畿子
11:45〜13:00   ( 昼食・休憩 )
13:00〜14:00 講義 健康診断の実際A 「見えにくい子どものアセスメント」
             筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 雷坂 浩之
14:00〜14:30 提言 「保健室における特別支援教育の取組を考える」   養護教諭2名
14:40〜16:30 講演 「特別支援教育の動向」
             文部科学省初等中等教育局特別支援教育課特別支援教育調査官 下山 直人
■8月24日(金) センター棟 101・501
9:30〜11:45  実践報告及び協議
 分科会1(101) 報告「障害の重い子どもの健康観察・健康管理のポイント」
             東京都西部訪問看護事業部看護師  高橋 由起子
            報告「障害の重い子どもの保健室における安全管理の課題」
             愛知県立岡崎養護学校養護教諭    富田 都子
 分科会2(105) 報告「高等部段階の知的障害児への保健室における関わり」
             東京都立永福学園養護学校養護教諭  斉藤 葉子 
            報告 「保健室における、自閉性障害をはじめとする知的障害児童生徒への配慮」
             京都市立東総合支援学校養護教諭   坂尾 淳子
11:45〜13:00  ( 昼食・休憩 )
13:00〜14:30 講演 「今、求められている養護教諭の役割」
             東京福祉大学短期大学部こども学科教授 小林 保子
14:40〜16:10 講演 「障害の重い子どもの医療的な管理」
             心身障害児総合医療療育センター医師 米山  明
16:10〜16:15 あいさつ

8 申込み方法
 メールで下記に申し込んでください。申し込み締め切りは、8月10日(金)です。原則として、2日間の参加でお願いします。
 (1)申込先  NBK10659@nifty.com  飯野 順子
 (2)記載事項 @氏名 A所属  B連絡先住所 C電話(自宅又は所属先) D参加分科会

9 問い合わせ メールで、飯野までお願いします。 NBK10659@nifty. com
  先頭ページへ