第4回 地域生活の医療的ケアを考えるフォーラムの案内
独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成事業

 医療的ケアの必要な人たちが、安心・安全な地域生活をおくるためには、医療・福祉等のニーズに応える環境づくりが求められています。QOLの高い地域生活のための取組みを紹介していただき、今後の在り方を考えたいと企画しました。ご参加のほど、よろしくお願いします。
地図:国立オリンピック記念青少年総合センター
1 日 時  平成21年10月17日(土) 10:30〜16:40 受付10:00

2 会 場  国立オリンピック記念青少年センター 国際会議室     電話03-3467-7201
     最寄駅 小田急線参宮橋駅下車徒歩7分
       または 東京メトロ代々木公園4番出口徒歩10分

3 参加費  資料代等 1000円

4 主 催  特定非営利活動法人 地域ケアさぽーと研究所

5 対 象  対象:医療的ケアの関係者(家族・福祉・医療・教育・行政等)

6 次 第
10:30〜10:40  あいさつ

10:40〜11:20 ○通所施設における医療的ケア
    「都内通所施設における医療的ケアの取り組みと課題」
     岩ア京子(みずき(生活介護)所長 東京都障害者施設医療的ケア研究会)

11:20〜12:00 ○グループホームにおける医療的ケア
    「本人支援と自立をめざした『ケアホームはなえみ』『ケアホームはなあかり』の取り組み」
    飯野雄彦(社会福祉法人みなと舎「ゆう」・施設長)

12:00〜13:00 《 昼食・休憩 》

13:00〜13:40 ○居宅介護事業における医療的ケア
    「住み慣れた町・家で自分らしく生きる人を支援するために」
    福田美恵(NPO法人あい理事長・福祉住環境コーディネーター)

13:40〜14:20 ○医療的ケアの対応をしている居宅介護支援事業所等のヒヤリング調査報告
    飯野順子(NPO法人地域ケアさぽーと研究所理事長)

14:20〜14:35 《 休憩 》

14:35〜15:15 ○日中一時支援事業における医療的ケア
    「重症障がい児者レスパイトケア施設『うりずん』の設立経緯と願い」
    橋昭彦(ひばりクリニック院長)

15:15〜16:30 ディスカッション「医療的ケアの必要な人たちのQOLの高い地域生活の実現に向けて」
    コーディネーター  飯野順子(NPO法人地域ケアさぽーと研究所理事長)
    ○指定発言(15分)  下川和洋(地域ケアさぽーと研究所理事)
    ○ディスカッション(60分)

16:30〜16:40  あいさつ

7 定員・申込・問い合わせ
定員はありません。ただし資料の準備のため
事前に以下へメール又はファックスでご連絡ください
タイトル・件名に「医療的ケアフォーラム申込」、本文に参加者氏名と所属をお書きください。
宛先 下川和洋 E-mail kazu.shimokawa@gmail.com ファックス042-561-8945
なお、特に返信は致しませんので、当日会場へおいでください。

  先頭ページへ