医療と教育研究会第21回公開研究会
地域生活の医療的ケアを考えるフォーラム
地図:筑波大学学校教育部
1.日 時  平成18年11月11日(土)
        午前10時30分〜午後5時  (受付は10時開始)

2.会 場  筑波大学大塚キャンパス  G501教室
        住所:東京都文京区大塚3−29−1
        交通:東京メトロ 丸ノ内線 茗荷谷下車3分

3.主催  医療と教育研究会

4.共催  卒業後の医療的ケアを考える親の会

5.後 援  全国肢体不自由養護学校長会
(依頼中)  国立大学法人 筑波大学 特別支援教育研究センター
        社会福祉法人 全国重症心身障害児(者)を守る会

6.参加費  1500円 (資料代を含む。当日会場でお払いください。)

7.定員と対象 160名
・ 事前の参加申込は受け付けておりません。(会場は余裕がありますので当日直接参加でも、定員超えでお断りすることはありません。)
・ 対象:福祉・医療関係者、障害のある当事者や保護者、行政、教育その他本件に関心のある方


8.内 容

10:30〜10:35 開会のあいさつ 村田茂 (医療と教育研究会会長)

10:35〜11:00 基調報告    飯野順子(前筑波大学教授)

11:00〜12:00 講演
 「地域生活を支えるネットワークづくりの理念と現状、そして課題」
  ・江川文誠さん(重症心身障害児施設「ソレイユ川崎」施設長・
            NPO療育ネットワーク川崎代表・医師)

13:00〜15:30 シンポジウム
 「医療的ケアの必要な障害児者の豊かな地域生活を目指して」
  シンポジスト
   ・大塚孝司さん (人工呼吸器をつけた子の親の会(バクバクの会)会長)
   ・岩城節子さん (東京都重症心身障害児(者)を守る会会長)
   ・川口有美子さん(NPO法人さくら会理事・日本ALS協会理事)
   ・小室謙二さん (救護施設くるめ園施設長)
   ・南雲芳幸さん (杉並区保健福祉部障害者施設課 課長)
  指定討論     飯野順子(前筑波大学教授)
  コーディネーター 赤塚光子さん(立教大学コミュニティ福祉学部教授)

15:45〜16:20 情報交換

16:20〜16:30 閉会のあいさつ

9.問い合わせ  本件に関する問い合わせは、Eメールでお願いします。
  下川和洋
  先頭ページへ