医療と教育研究会第20回公開研究会

本会の公開研究会は、平成9年の第1回から数えて今回第20回を迎えます。これを機に会では書籍「生命の輝く教育を目指して」(発行 ジアース教育新社)を刊行することになりました。今回の公開研究会は、「医療的ケアの課題に取り組んで見えてきたこと」をテーマに会のまとめとして開催いたします。

1.日 時  平成18年8月5日(土) 
  午前10時00分〜午後4時30分 (受付は国際交流棟国際会議室にて9時30分開始)

2.会 場  国立オリンピック記念青少年総合センター・国際交流棟国際会議室
 住所:郵便番号151-0052 渋谷区代々木神園町3-1 電話:03-3467-7202(代表)地図:国立オリンピック記念青少年総合センター
 交通:(1)小田急線参宮橋駅下車 徒歩約7分
     (2)地下鉄千代田線代々木公園駅下車 徒歩約10分

3.主 催  医療と教育研究会

4.後 援  全国肢体不自由養護学校長会
        全国重症心身障害児(者)を守る会
        国立大学法人 筑波大学 特別支援教育研究センター

5.参加費  2000円(テキスト「生命の輝く教育を目指して」代を含む。当日会場でお払いください。)

6.定員と対象 200名
・ 事前の参加申込は受け付けておりません。(会場は余裕がありますので定員を超えてもお断りはしません。)
・ 対象:福祉・医療関係者、障害のある当事者や保護者、行政、教育その他本件に関心のある方

7.内 容
10:00〜10:05 開会のあいさつ 村田茂(医療と教育研究会会長)
10:05〜12:00 第1部 道を拓く・ケアを拓く
○ 医療と教育の連携 〜肢体不自由教育における歴史的経緯〜
       村田茂(独立行政法人国立特殊教育総合研究所名誉所員・医療と教育研究会会長)
○ 医療的ケアの課題 その社会的背景と広がり
       下川和洋(東京都立府中養護学校・教諭)
○ 医療的ケアの研修とその意義
       白鳥芳子(東京都立八王子東養護学校・教諭)
○ 地域生活のQOL向上を目指して 〜学校卒業後と地域生活における医療的ケア〜
       飯野順子(前筑波大学教授)
12:00〜13:00 昼食・休憩
13:00〜14:00 第2部 医療的ケアの教育的意義
阿部晴美(東京都新宿区立新宿養護学校・教諭)/吉田光伸(東京都立大泉養護学校・教諭)
14:15〜16:00 第3部 シンポジウム 〜養護学校に看護師さんがやってきた Part3〜
○ 話題提供
  養護学校における看護師の役割  菅野秋江さん(東京都立あきる野学園養護学校看護師)
  埼玉県の取組と「看護教諭」の役割 内田真由美さん(埼玉県立熊谷養護学校看護教諭)
○ 提案
  医療的ケアに関わる看護師の在り方  加藤令子さん(茨城県立医療大学看護学科教授)
○ 指定討論              飯野順子(前筑波大学教授)
16:00〜16:25 情報交換

◆問い合わせ先◆
  なお、本件に関する問い合わせは、Eメールでお願いします。
  下川和洋
  先頭ページへ