医療と教育研究会第18回公開研究会

1.日 時  平成17年8月6日(土) 午前10時00分〜4時30分
〔受付は、センター棟の1階101において9時30分から開始〕

2.会 場  国立オリンピック記念青少年総合センター・センター棟101室
 住所:郵便番号151-0052 渋谷区代々木神園町3-1
 電話:03-3467-7202(代表)
 交通:(1)小田急線参宮橋駅下車 徒歩約7分
    (2)地下鉄千代田線代々木公園駅下車 徒歩約10分

3.主 催  医療と教育研究会

4.後 援  全国肢体不自由養護学校長会

5.参加費  1500円
  (資料代を含む 当日会場でお支払い下さい)

6.定員と対象  200名
事前の参加申込は受け付けておりません。どなたでも参加できます。なお、人数制限はしておりませんので定員オーバーでお断りすることはありません。
  対象:養護学校教職員、保護者、医療・福祉関係者、その他本件に関心のある方

7.内 容
(1)開会挨拶
    飯野順子(前筑波大学教授)
(2)実践報告
 報告1 重度・重複障害のある人の地域生活の充実、本人支援と自立をめざして
      〜通所施設、居宅介護事業、グループホームの取り組み〜
   発表者 飯野雄彦(社会福祉法人みなと舎「ゆう」・施設長)
 報告2 学校での医療的ケアを通して「教員と看護師のより良い連携・協働とは?」を考える
   発表者 藤原真由美(東京都立八王子東養護学校教諭)
        齋藤秀子(東京都立八王子東養護学校看護師)
(3)情報交換

■昼食・休憩(12:00〜13:00)

(4)リレー講話
 テーマ1:厚生労働省の「在宅及び養護学校における日常的な医療の法律学的整理」
     ○医療的ケアへの新たな対応の時を迎えて
      飯野順子(前筑波大学教授)
    ○在宅及び養護学校における日常的な医療の法律学的整理
      樋口範雄(東京大学大学院法学政治学研究科教授(英米法)・「在宅及び養護学校
            における日常的な医療の医学的・法律学的整理に関する研究会」座長)
 テーマ2:これからの東京の医療的ケア整備事業について
     ○東京都「救急体制整備事業の在り方検討委員会」最終報告について
      引間宗人(東京都立矢口養護学校副校長)
     ○東京都における医療的ケアの展望
      江崎安幸(東京都立大泉養護学校長)
(5)閉会・閉会挨拶
   村田茂(医療と教育研究会会長・国立特殊教育総合研究所名誉所員)

◆問い合わせ先◆
  なお、本件に関する問い合わせは、Eメールでお願いします。
  下川和洋
  先頭ページへ