医療と教育研究会第15回公開研究会

1.日 時  平成16年1月31日(土)  午後2時00分〜4時30分
〔受付は、1時30分から開始〕

2.会 場  筑波大学学校教育部 G-204教室
 住所:東京都文京区大塚3-29-1
 電話:03-3442-6834(研究室)地図:筑波大学学校教育部
 交通:営団地下鉄丸の内線
   「茗荷谷(みょうがだに)」駅下車 徒歩2分程度

3.主 催  医療と教育研究会

4.後 援  全国肢体不自由養護学校長会

5.参加費  1000円
  (資料代を含む 当日会場でお支払い下さい)

6.定員と対象  100名
(なお、人数制限はしておりませんので定員オーバーでお断りすることはありません)
  養護学校教職員、保護者、医療・福祉関係者、その他本件に関心のある方

7.内 容

(1)開会挨拶と基調報告
   飯野順子(筑波大学教授・前東京都立村山養護学校長)

(2)ワークショップ
   テーマ:医療的ケアが必要な子どもの地域生活を支える
               〜養護学校に看護師さんがやってきた Part1〜
趣旨:文部科学省「養護学校における医療的ケアに関するモデル事業」が始まり、また自治体独自の事業として、全国的に養護学校への看護師配置が広がってきました。看護師配置は、安心・安全な学校づくりの第一歩であり、その役割に期待が高まっています。今回は、看護師の配置の現状とその効果、課題などを考えます。

 報告1 演題:学校への看護師配置を考える
      報告者:下川和洋(東京都立府中養護学校教諭)

 報告2 演題:神奈川県の看護師配置の現状と課題(仮)
      報告者:入澤タミ子(神奈川県養護学校巡回診療型診療所看護師長)

 報告3 演題:指導医・養護教諭・看護師の連携から見えてくるもの(仮)
      報告者:石井光子(千葉リハビリテーションセンター小児科部長・陽育園園長)

(3)閉会・閉会挨拶
   村田茂(医療と教育研究会会長・国立特殊教育総合研究所名誉所員)

◆問い合わせ先◆ 事前の参加申込は受け付けておりません。どなたでも参加できます。
  なお、本件に関する問い合わせは、ファックスかEメールでお願いします。
  飯野順子(筑波大学教授・前東京都立村山養護学校長 研究室Fax 03-3942-6834)
  下川和洋
  先頭ページへ