医療と教育研究会第12回公開研究会

1.日 時  平成14年8月3日(土)  午前10時00分〜4時30分
(受付は、センター棟5階501において9時30分から開始)

2.会 場  国立オリンピック記念青少年総合センター・センター棟
 住所:郵便番号151-0052 渋谷区代々木神園町3-1
 電話:03-3467-7202(代表)
 交通:(1)小田急線参宮橋駅下車 徒歩約7分
    (2)地下鉄千代田線代々木公園駅下車
    (代々木公園方面出口)徒歩約10分

3.主催 医療と教育研究会

4.後援 全国肢体不自由養護学校長会

5.参加費 2000円
  (資料代を含む 当日会場でお支払い下さい)

6.定員と対象  200名
  養護学校教職員、保護者、医療・福祉関係者、
  その他本件に関心のある方

7.内 容

(1)全体会 (10:00〜10:15):センター棟501
・基調報告 飯野順子(筑波大学教授・前東京都立村山養護学校長)
(2)分科会 (10:30〜12:30)
※参加希望の分科会については、当日の受付の際に希望を伺います。
■第1分科会(実践報告):センター棟501
 1)「医療的ケアの教育的意義を考える」
     田添敦孝(東京都立南大沢学園養護学校教諭)
 2)「豊かな療育を提供するために 〜医療との連携を探って〜」
     増渕晴美(訪問の家「朋」施設長)
■第2分科会(基礎講座):センター棟311
 医療的ケアが必要な子どもの教育に対する考え方、医療的環境の工夫、実際の手続き、研修などについて考えます。
講師 吉田光伸(東京都立大泉養護学校)   吉田礼子(東京都立府中養護学校)
    倉田麻美(東京都立八王子東養護学校) 豊島隆久(東京都立町田養護学校)
■昼食・休憩(12:30〜13:30)
(3)講演&ワークショップ(13:30〜16:30):センター棟501
■講演 「レッツ・スイム!医療的ケアの必要な子どもたちも
  みんなと一緒に水泳を楽しもう! −その支援を学び合いましょう−」 (13:30〜14:30)
 ・講師    染谷淳司 (東京小児療育病院理学療法士)
■ワークショップ 「学校保健の充実と医療的ケア」(14:45〜16:30)
 ・企画・司会 下川和洋 (東京都立府中養護学校教諭)
 ・提案者    柴田磯巳 (茨城県立伊奈養護学校養護教諭)
          江部紀美子(東京都立城北養護学校養護教諭)
          堀ゆかり (神奈川県立座間養護学校養護教諭)
 ・指定討論  飯野順子 (筑波大学教授・前東京都立村山養護学校長)
 ●ワークショップ企画の趣旨
 養護学校では、児童・生徒の障害の重度・重複化が叫ばれて久しく、加えて何らかの医療的ケアを必要とする児童・生徒は1割以上となっている(都道府県教育長協議会第4部会の調査報告,2000年3月)。
近年、これらの児童・生徒に対応するために看護師配置に取り組む自治体も増えてきた。文部科学省の「実践研究」でも看護師の役割等が研究課題の一つとされてきた。児童・生徒が安心して通える学校づくりには、学校保健管理体制の充実が望まれている。
 以上を背景にこのワークショップでは、学校保健の充実に向けて、現在の養護学校の取り組みとその課題を明らかにしていきたい。
(4)閉会の挨拶 村田茂(医療と教育研究会会長・国立特殊教育総合研究所名誉所員)

◆問い合わせ先◆ 事前の参加申込は受け付けておりません。どなたでも参加できます。
  なお、本件に関する問い合わせは、ファックスかEメールでお願いします。
  飯野順子(筑波大学教授・前東京都立村山養護学校長 研究室Tel&Fax 03-3942-6834)
  下川和洋
  先頭ページへ