医療と教育研究会第10回公開研究会

1.日 時 平成13年8月4日(土) 午前10時〜午後4時会場周辺図

2.会 場  東京体育館(研修室)
  住所:渋谷区千駄ヶ谷1-17-1  電話:03-5474-2111
  交通:JR千駄ヶ谷駅より徒歩1分

3.参加費 1500円(当日会場でお支払いください)


4.定員と対象 定員120名

  養護学校教職員、医師、保護者、関係諸機関の方、 その他本件に関心のある方

5.内 容

■分科会 (10:00〜12:00)※当日、会場受付の際に参加分科会を確認させていただきます。なお、第2分科会の参加は先着定員60名になり次第締め切らせていただきます。
●第1分科会(実践報告):第1研修室
医療的ケアが必要な子どもたちの教育について、実践や課題をお話していただきます。
 ・中島幾久子 (静岡県立中央養護学校・教諭)
 ・五味清枝  (大宮市立養護学校・養護教諭)
 ・平田洋子  (東京都立村山養護学校・保護者)
●第2分科会(基礎講座):第2研修室
 本研究会で作成したテキストを用いて、医療的ケアが必要な子どもの教育に対する考え方、医療的環境の工夫、実際の手続き、研修などについて考えます。
 講師 白鳥芳子(東京都立八王子東養護学校) 吉田礼子(東京都立府中養護学校)
桝幸英俊(東京都立小平養護学校)   豊島隆久(東京都立町田養護学校)
■昼食・休憩(12:00〜13:00)
■講演(13:00〜16:00):第1研修室
講演1 大阪府の取り組みについて
     講師 保関建典(前大阪府立堺養護学校校長)
内容:大阪府の「学校における医療的ケア対策検討委員会」の答申が4月に出されました。その内容や現在の大阪の取り組みについてお話していただきます。

講演2 医療的ケアの現状と課題

     講師 川住隆一(国立特殊教育総合研究所重複障害教育研究部)
内容:国立特殊教育総合研究所が行った「常時『医療的ケア』を必要とする重度・重複障害児への教育的対応に関する実態調査」の報告書が3月に出されました。これに基づき医療的ケアの現状と課題をお話していただきます。

講演3 これからの養護学校と医療との連携について

     講師 曽根翠(東京都立東大和療育センター)
内容:東京都立小平養護学校の指導医として関われた経験を通して、これからの学校と医療の連携等がどのようにあるべきかをお話していただきます。

◆問い合わせ先◆ 事前の参加申込は受け付けておりません。
なお、本件に関する問い合わせは以下へお願いします。できるだけファックスかEメールでお願いします。
  飯野順子(東京都立村山養護学校校長 042-564-2781 Fax 042-564-3844)
  下川和洋
  先頭ページへ