「医療と教育研究会」第2回公開研究会
1.日 時 平成9年10月4日(土) 14:00〜17:30
2.会 場 北区赤羽会館 講堂 (北区赤羽南1-13-1 03-3901-8121)
      <交通>JR赤羽駅東口徒歩5分
3.参加費 500円 (当日受付でお支払い下さい)
4.定員と対象
 先着500名
  養護学校教職員、関係諸機関の方
  医師、保護者、その他本件に関心のある方
5.内 容
 1)会長あいさつ
   基調報告
 2)報告1 在宅訪問看護の現状と課題
   報告者 目黒つね子 氏(東京都在宅重症心身障害児訪問事業 保健婦)
    医療的ケアを必要とする子どもたちが安全で快適な在宅生活を送るために
   は、訪問看護など福祉サービスとの連携が大切です。東京都衛生局では、在
   宅療育支援対策の訪問事業として、「@訪問検診 A訪問看護 B短期体験
   入所 C巡回療育相談」などの援助を行っています。その中で、訪問看護婦
   が家庭に訪問して看護等を行う「訪問看護事業」は、重症児の在宅生活をサ
   ポートする大きな役割を担っています。
    ここでは現場で実践されている保健婦さんから、「在宅訪問看護の現状と
   課題」について報告していただきます。
 3)講演
   講師 鹿内清三 氏 (厚生省保健医療局国立病院部 訴訟専門調査員)
   演題 「肢体不自由養護学校における医療的ケアと責任」
    在宅医療の推進と医療機器の進歩は、障害の重い子どもたちも家族と一緒
   に生活することを可能にしました。同時に、医療的ケアに伴う課題も生じて
   きています。講演では、養護学校に求められている役割と、医療的ケアの法
   的な位置づけ・解釈について先生のお考えを話していただきます。
 4)報告2 養護学校での取り組みについて
   報告者 マーク・ペナー 氏(東京都立小平養護学校保護者)
       泉 慎一 氏(東京都立小平養護学校教諭)
    医療的ケアを必要とする子どもたちを実際に学校で受け止めて、実践して
   いる学校の保護者と教員から、その取り組みの様子や保護者の願い、取り組
   みを通して得られた成果などを報告していただきます。
 5)その他
   終了後、有志で情報交換やフリートーキングの時間を予定しています。