特定非営利活動法人地域ケアさぽーと研究所 設立趣旨書
                              平成19年6月21日
 今、教育・医療・福祉等は、その歴史上かつてない変革の時を迎えています。教育は「学校教育法」の一部改正による特別支援学校の創設等、医療制度の改革、福祉は「『地域で暮らす』を当たり前に」を理念とする「障害者自立支援法」の施行等です。特に、これらの制度への転換は、障害のある人たちの生涯にわたるニーズに応えるために、支援のためのネットワーク化を図るシステムの構築を目的としています。
 そのような時を迎えて環境条件は整備されつつありますが、医学・医療技術の進歩に伴って増加してきている医療的ケアなど医療ニーズの高い人たちへの支援は、課題が山積しています。その課題は、@在宅医療が推進されているが、現状では24時間の継続的なケアは、家族の精神的・物理的・経済的な負担となっていること、A家族に代わって、医療的ケアへの対応を担える人的な環境づくりをすることです。このことに関して、学校教育の場では、教員によるたんの吸引等については、様々な歴史的経過を経て、違法性の阻却ができるという国の法的な見解がだされて、一定の歩みを可能とする新たな展開の時を迎えています。
 しかしながら、地域生活を送るにあたっては、支援の仕組みが整いつつあっても、そのことを担うマンパワーが不足し、家族等の負担軽減には、ほど遠い状況にあります。また、支援者の不足以上に、障害の重い人たちへの支援に必要な質の高い専門的力量のある人が求められています。そのため、力量を高める機会と場を設けることが急務となっています。
 このような現状に鑑み、本研究所では、障害の重い人たちの地域生活の支援を実際に行うことにより、地域生活におけるQOLの向上を図るとともに、併せて教育・保健・医療・福祉等に関する研究・研修による人材の開発・育成の事業等を行うことを目的として設立いたします。また、本研究所は、これまで約5〜10年間にわたって任意団体として同様の活動をしてきましたが、この度、事業の継続性・発展性を図るためには、特定非営利活動法人として組織的な合意形成による活動の展開が必要であるとの会員の総意の下に、社会貢献を更に推進する旨をもって、本研究所を設立することにいたします。
具体的な事業は、以下のとおりです。

(1)重症心身障害児・者への支援事業
 @ボランティア看護師の活動への支援
 A重症心身障害児・者の余暇活動への支援

(2)重症心身障害児・者に質の高いサービスを提供する支援者の育成に関する事業
 @教育・保健・医療・福祉に関するスキルアップのための研究・研修の企画・運営
 A上記に関する研修用テキストの作成 
 B教育・保健・医療・福祉の研究・研修に関する情報収集・情報提供
 C講師の紹介及び派遣

(3)重症心身障害児・者の支援に関わる人材の開発事業
 @看護師・ヘルパー・ボランティア等の支援者の開発
 A重症心身障害児・者のQOLの高い地域生活に関する理解・啓発
 B人材の育成・開発に関わる関係者の交流及びネットワークの形成