新たな教育・医療・福祉の連携を目指して
  〜医療と教育研究会研究集録〜

 医療的ケアが必要な子どもたちの教育実践や教育・医療・福祉の連携を研究している「医療と教育研究会」の活動をまとめた研究集録ができました。 

………………………………………………………………………………………………………………
各地の取り組み
<東京>
 現場の一教員の感想
   大石恒子(東京都立町田養護学校教諭)
 小平養護学校における実践 〜Aくんのケースを通して〜
   泉 慎一(東京都立小平養護学校教諭) マーク・ペナー(東京都立小平養護学校保護者)
 障害の重い子どもたちの教育をすすめるために
   吉田礼子(東京都立多摩養護学校教諭)
 在学途中から医療的ケアが必要となった生徒の事例について
   桑原紀美(東京都立江戸川養護学校教諭)
 救急体制整備事業における看護婦の役割 〜常勤の看護婦がいることの意義を考える〜
   斎藤秀子(東京都立墨東養護学校学校看護婦)
<神奈川>
 医療的ケアを試行という形で実施して  〜教育と医療の連携について〜
   羽入雅子(神奈川県立座間養護学校教諭)
<大阪>
 大阪における医療的ケアへの取り組み  〜茨木養護学校の取り組みをを中心に〜
   佐々木和彦(大阪府立茨木養護学校教諭)
<宮城>
 「ぴゅあすまいる」の活動と今後の課題
   大友祥子(ぴゅあすまいる=経管栄養児親の会)
■全国的な視点から
 医療的ケアの実情と問題点
   下川和洋(東京都立府中養護学校教諭)
■歴史的な視点から
 肢体不自由教育における医療と教育の歴史
   村田 茂(国立特殊教育総合研究所名誉所員)
■法律上の視点から
 肢体不自由養護学校における医療的ケアと責任
   鹿内清三(厚生省保健医療局国立病院部 訟務専門調査員)
■医療サイドから
 在宅訪問看護の現状と課題
   目黒つね子(東京都在宅重症心身障害児訪問事業 保健婦)
 医療的ケア問題に対する方策 〜対応のあり方と今後の取り組み〜
   北住映二(心身障害児総合医療療育センター小児科外来療育部長)
■医療サイドへ
 教育サイドから医療サイドへの期待
   飯野順子(東京都立村山養護学校長)
■新たな医療と教育の連携を求めて 〜医療的ケアを必要とする子供の「教育の質」を問う〜
 日本特殊教育学会第36回大会(9月13日(日))/自主シンポジウム15 の概要
■医療と教育研究会・研究のまとめ
 救急体制整備事業の現状と課題
   桝幸英俊(東京都立小平養護学校教諭)
 学校で医療的ケアを行う上での基本的な手続き
   白鳥芳子(東京都立八王子東養護学校)
 生命を輝かせ、生活の質を高める教育と医療の連携について
   飯野 順子(「医療と教育研究会」事務局代表)
■医療と教育研究会の紹介


………………………………………………………………………………………………………………
価格   1000円
発行日 平成11年8月7日
編集  「医療と教育研究会」事務局

本書は完売いたしました。ありがとうございました。m(_ _)m
なお、本は、もうありませんが、必要でしたら下をクリックして下さい。元データをダウンロードできます。ただし、ワープロソフトの一太郎Ver8で作成したファイルを自己解凍形式で圧縮しています。ダウンロード後は、<Kikk01.exe>ファイルをダブルクリックすると、<Kikk199902.jtd>というファイルが現れます。それを一太郎のVer8以上で読み込んで下さい。
     「医療と教育研究会研究集録」のダウンロード Kikk01.exe (215315バイト)